結婚相談所の種類はいろいろ

最終更新日時 : 2017年6月17日

 

日本ではいろんな相談所にお邪魔してきました。

 

結婚相談所の種類は大きく分けて3つあります(*’ω’*)

 

1.情報サービス型

サンマリエ、ツヴァイ、楽天オーネット、ノッツェ、パートナーエージェントなどの全国規模の会社が有名です。

会員数3万~5万人の中からお相手を選べます。(マッチングシステムがあったり、自分で検索出来たり、パーティーが開催されたりと選び方はいろいろ)

こちらはお金を払って情報を提供してくれるので、後は自力で婚活するタイプ。(別料金でアドバイザーがつくサービスもあったりします)

最初に数十万円払い込む場合が多いようです。

 

2.連盟型

日本結婚相談所連盟(IBJ)、日本仲人連盟(NNR)、日本ブライダル連盟(BIU)、良縁ネット(Rnet)など、小規模相談所が大きなネットワークに加盟して活動しているタイプ。

会員数は相談所によって様々ですが、1の情報サービス型と同じくらいの会員数が居る相談所がほとんどです。(それより多い所も!)

アドバイザーがつき、お相手探しを手伝ってくれます。

初期費用は1より安いけれど、結婚出来たら成婚料に数十万円払う感じ。

 

3.インターネット型

ブライダルネット、マッチドットコムなど、インターネットで情報だけを提供するタイプ。

低価格で気軽に婚活できます。

ただし、お相手の職や年収など不確かな場合もあり、結婚願望があるのかも不明。

 

 

他にもパーティー型などありますね。

一般的に成婚率は、1の情報サービス型は3%で、2の相談所は10%だそうです。

アドバイザーの力は大きいようですよ~(`・ω・´) 3のネット型については成婚率など出していないみたい。(情報を提供するだけなので、後がどうなったのかは分からないのね(;^ω^))

私は1と2が融合したサービスを提供出来たらなと思っていますハート

 

読んでくださってありがとうございました。ブログ村と人気ブログランキングもよろしくお願い致します。

 

[ダイソン布団クリーナー]

 


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://yuki-westnewyork.com/archives/9181/trackback

PAGE TOP