メトロポリタン美術館 ルーフガーデンのシュールな世界

 

昨日の続きです。

メトロポリタン美術館が好きなのはタイムスリップした気分になれるから。

1階のヨーロッパ装飾美術館ではベルサイユ宮殿のような雰囲気を楽しみますムード

 

2階の19,20世紀前半ヨーロッパ絵画付近にある、パリのアパルトマンを再現したお部屋にうっとりハート

 

1階のアメリカ美術のお部屋も、すっきりしていて好きです。

いろんな時代の家の中が再現されていて面白いわあ。

 

フランク・ロイド・ライトのインテリアはどこか昭和の日本の家を思い出させます。

 

2階の印象派がある絵画のコーナーも行かなくちゃねダッシュ (走り出すさま)

 

同じく2階のヨーロッパ絵画のコーナーではフェルメールの絵を!

 

昔の人のアクセサリーも興味深くて。(とにかく良く出来ているexclamation

 

1階のアメリカ美術の一角では、サラ・バーマンのクローゼットが再現されていましたdouble exclamation

お洋服全て白、ベージュでぱりっとアイロンがけされています。

こんなきちんと整頓されたクローゼットが理想です。素敵~ハート

 

さて、1階のヨーロッパ彫刻の近くのエレベーターから5階のルーフガーデンに上がります。

👇この彫刻が目印。

 

真っ白いテーブルが登場してシュールな世界が広がっていましたよ。

毎年展示物は変わっています。

 

テーブルにいろんなものが乗っていて不思議な世界~。

 

ここにレストラン出来たら流行るでしょうね。(カフェがあるけど席がないので。)

 

裏に回ると女の子と猫が隠れていたり。面白いわねムード

 

帰国する前に何回でも通おうと思います。やっぱりここが一番好きな美術館です(*’ω’*)

読んでくださってありがとうございました。ブログ村と人気ブログランキングもよろしくお願い致します。

 


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://yuki-westnewyork.com/archives/9100/trackback

PAGE TOP