海外に持って行くと便利な物

最終更新日時 : 2015年11月19日

私が住んでいる地域は日本の物はほとんど何でも売っているので、絶対にこれが必要!というものは無い気がします。

ですが、日本の物は2倍くらいの値段で売っていますし(ヨーロッパでは3倍くらいでした)引っ越し荷物に入れば持って行きたいものを書いてみます。

DSCN1690

 

日本のスリッパ(底が固くて歩きやすいです。)

日本の衣類、下着、靴(質が良いし、サイズの合った物を探すのが難しかったりします。)

女性は使っている化粧品、ナプキン(海外で自分に合うものを探すのが難しいので。)

炊飯器、包丁、菜箸、お箸、和食器(海外では購入できるものに限りがあるので。日本の包丁は使いやすいです。)

子供が日本人学校の場合はお弁当箱、水筒、お弁当グッズ(給食が無いので。日本の水筒は保温も出来て優秀です。)

消しゴム、ノート、シャーペンの芯(日本の文具は優秀です。シャーペンの芯は海外では高いです。)

防虫剤(海外の防虫剤は匂いがきつかったりします。)

だし(醤油はどこでも売っていますが、良いおだしは少ないので。)

その国や周辺国のガイドブック(旅行に出かける為に。本は海外では割高なので。)

ミニティッシュ(海外の紙は固いです。)

タオル(日本のタオルは品質が良く、乾きやすいです。)

洗濯ネット(これは海外では見かけませんね。)

 

こんなところでしょうか。

我が家ではお布団も一式持って来ました。

お屠蘇や重箱などのお正月セットも重宝していますよ。

お値段は高いですが、今は無印良品が色んな国に進出しているので何でも日本の物が購入出来るんですよね。

便利な世の中ですハートたち (複数ハート)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://yuki-westnewyork.com/archives/47/trackback

PAGE TOP