サンクスギビングデイ(感謝祭)とは?

最終更新日時 : 2015年11月24日

Thanksgiving Dayはアメリカ(カナダも)のお盆やお正月のような祝日です。アメリカでは11月の第4木曜日。木曜日から日曜日まで4連休の学校や会社が多く、アメリカ人は実家に帰り、家族で過ごす人が多いようです。

 

2年前、娘が修学旅行でボストンのプリマス開拓村に行き日本語の本を買ってきました。その本に感謝祭についても詳しく書いてありましたよ。当時を再現した写真が沢山あり面白いです。

DSCN3129

 

イギリスから迫害を受けた清教徒たちが1620年にメイフラワー号でプリマスにやって来ました。厳しい冬と食糧難で約半数の人々が亡くなりました。次の年の1621年の秋、先住民の協力もあり収穫に恵まれた為、開拓者たちが収穫を祝ったのが最初の感謝祭の始まりです。先住民も招き、3日間食べて、歌い、祝砲を打ったそうです。

 

image

↑昨年焼いたターキー(小さく形成されオーブンで焼くだけの便利なもの。)

簡単に言うと、辛い時期を乗り越えて、美味しい物が食べれる事へ感謝する日でしょうか?木曜日のサンクスギビング・ディナーはとにかく食べて、食べて、お喋りして、TV見て~というアメリカ人が多い気がします。ちなみに翌日の金曜日はブラック・フライデーと呼ばれる大セールの日でするんるん (音符) 真夜中や早朝にセールが始まるお店もあります。ブラックの意味はお店が黒字になる事を意味しているらしいですよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://yuki-westnewyork.com/archives/159/trackback

PAGE TOP